So-net無料ブログ作成

行政書士試験の最大の不合格要因 [行政書士試験]

 

不合格要因を取り除いていけば・・・

あとは“合格”しかありません。


この考え方は受験のみならず、ビジネスでも人生でも何にでも当てはまるものです。失敗要因をどんどん取り除いていけば、最後には成功要因しか残らないのです。


行政書士試験の最大の不合格要因とは何かと言えば、


民法の記述問題をうまく攻略できないこと


です。


民法の記述問題は、180点が合格ラインと言われる中にあって、40点もの配点があります。


その上、難化も著しく、一般的な教材では対処できなくなってきているのです。


この最大の不合格要因にどう対処すれば良いのか?


一度、「行政書士試験短期合格術」のなかの「民法虎の巻テキスト」を見てみてください。民法の記述問題のための短期集中教材です。


詳細はこちらをクリック

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。