So-net無料ブログ作成

論文式試験専用記憶術 [一般]

 

論文式の資格試験受験者に朗報!

「論文式試験専用記憶術」


なんと、論文式試験のための記憶術がありました。資格試験ジャンルで複数の教材を出している小野たかひとの手による記憶術です。


一般に、資格試験の論文式試験は、ややっこしい用語の定義などの長文を覚えなければなりません。しかも、正確に記憶することが求められます。


これって、キツイですよね。


一般の記憶術は不向きかもしれません。


やはり、論文式試験に特化した記憶術を利用するのが得策です。


「論文式試験専用記憶術」は、暗記的要素が1・2を争うほど強烈で厳しいとされる不動産鑑定士試験にも対処できるように作られたテクニックです。


なので、通常の資格試験には問題なく効果を発揮するでしょう。

論文式試験専用記憶術の詳細はこちら

 

 


タグ:資格試験
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

勉強量を減らす発想 [一般]

例えば、参考書に書かれている内容やスクールで教えられている内容が、一律に試験に出題されるわけでないことは誰でも知っていると思います。


非常によく出るテーマもあれば、ほとんど出る可能性のないテーマもあります。


限られた勉強時間を有効に使うためには、出る可能性の低いテーマは戦略的に切り捨てなければなりません。


ここで、参考になるのが経済分野で有名なパレートの法則ですね。別名、80対20の法則などと呼ばれることもあります。


売上(や利益)に貢献する要素を貢献度の大きい順に並べたとします。このとき、売上(や利益)の80%は、全体の上位20%から生み出される、というのです。


例えば、上位20%のお客さんへの売上が全体の80%とか、
上位20%の商品の売上が全体の80%、といった感じです。


勉強も似たような事情にあるという前提で、80対20について「効率」を考えてみましょう。


100%をケアすれば、100%の成果が得られるのかもしれませんが(←これも大いに疑問ですがここでは立ち入りません)、上位20%をケアする場合と比べて単純に5倍の労力がかかります。


一方で、成果は80%に対して100%ですから、25%増えただけです。


たった、25%増やすのに労力が5倍かかっているのです。効率の面ではそうとうに悪いですよね。


資格試験の場合が80対20なのかどうかはわかりません。個々の試験によって異なるでしょう。70対30かもしれないし、60対40かもしれません。


でも、程度の差こそあれ、優先順位の低いテーマを勉強することは効率を悪化させることに違いはありません。合格ラインを確保した上で、不要な部分の勉強を思い切ってカットするのが短期合格に重要である事がわかるはずです。

 


タグ:勉強量
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

行政書士試験の合否を分けるもの [行政書士試験]

行政書士試験不合格者の多くに共通していること。

それは、“民法を苦手としている”ことです。


逆に、合格者は民法をあまり苦にしていません。


実は、行政書士試験の合否を分けるものは行政法ではなく、
何といっても、民法なのです。


配点の上では行政法が1番高いですね。
だから、みんな行政法をまず勉強します。


でも、それはむしろ当たり前のことであって、
合否のポイントは2番目に配点の高い民法なのです。


また、行政法では記述問題の比率が低いので、
一般的な勉強法でも十分に対処できます。


しかし、民法では記述問題の比率が高く、
多くの受験生が手こずっています。


そんな民法を得意になれたら有利だと思いませんか?


「行政書士試験短期合格術」を実践してみてください。
「民法虎の巻テキスト」で、民法が得意になれるでしょう。


また、「行政書士合格5日間メールセミナー」は受けておいた方が良いと思いますよ。

詳細はこちらをクリック

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

独学にはガイド役が必要 [社労士試験]

 

社労士試験は独学でも受かります。

ただし、【ツボ式学習法】のようなガイド役が必要。


独学で資格試験を受ける事には、メリットとデメリットがあります。


メリット

◆ 仕事が忙しくても、自分のペースで勉強できる。
◆ 苦手なところを集中的に勉強するなど、メリハリをつけやすい。
◆ コストが少なくて済む。


デメリット

◆ 試験情報入手の面で不利。
◆ 相談相手がいない。
◆ 独りよがりの勉強になる危険性がある。
◆ 勉強のペースを維持しづらい。(人による)
◆ 精神的につらい。(人による)


デメリットに対する対策をしっかりすれば、独学のメリットが活きてきます。


デメリットの大半は、信頼できる人からのアドバイスを受けられないことによるものです。


つまり、しっかりした“ガイド役”があれば、デメリットはほとんど解消するのです。少なくとも、資格スクールに通う受験生と同じレベルにまでは改善できます。


そもそも、社労士試験の初学者が何の“ガイド役”も無しに独学する事自体が無理です。資格スクールに通う必要はありませんが、どういう勉強の仕方をしたら合格できるのかという情報は必要です。


そのような“ガイド役”として、非常に優れているのが、


【社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法】


なんですね。通常の半分の勉強時間(約500時間)で合格するための方法が解説されています。

詳細はこちらをクリック

 


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

半年で社労士試験に合格する方法 [社労士試験]

 

半年で社労士試験に合格できる!

それが、【ツボ式学習法】です。

独学でも、知識ゼロでも大丈夫です。


【ツボ式学習法】の正式なタイトルは、


【社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法】


と言います。その特徴は、社労士試験の合格に寄与しない勉強はやらない、ということです。


つまり、本番試験にでる可能性の高い事項に絞って勉強するのです。


社労士試験の合格に満点は必要ありません。絞り込んだ、優先順位の高い事項を確実に得点に結び付けられれば、ちゃんと合格できるのです。


でも、ここまでの話だけなら、他の教材でも似たようなことを謳っていますよね。【ツボ式学習法】には、他に無い特長があります。


それは、


「本番試験に出る部分とそうでない部分を自分自身で見分けられるようになる」


という事です。その基準がわかってしまえば、もうスクールに頼り切る必要はありません。自分で戦略的に勉強できるのです。


【ツボ式学習法】は勉強範囲が少なくて済むため、500時間程度の勉強で合格が可能です。現実的な勉強時間として1週間に20時間とすると、25週間。つまり、半年で合格可能なのです。

詳細はこちらをクリック

 

 


タグ:社労士試験
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

行政書士試験の最大の不合格要因 [行政書士試験]

 

不合格要因を取り除いていけば・・・

あとは“合格”しかありません。


この考え方は受験のみならず、ビジネスでも人生でも何にでも当てはまるものです。失敗要因をどんどん取り除いていけば、最後には成功要因しか残らないのです。


行政書士試験の最大の不合格要因とは何かと言えば、


民法の記述問題をうまく攻略できないこと


です。


民法の記述問題は、180点が合格ラインと言われる中にあって、40点もの配点があります。


その上、難化も著しく、一般的な教材では対処できなくなってきているのです。


この最大の不合格要因にどう対処すれば良いのか?


一度、「行政書士試験短期合格術」のなかの「民法虎の巻テキスト」を見てみてください。民法の記述問題のための短期集中教材です。


詳細はこちらをクリック

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

行政書士試験「民法虎の巻テキスト」の効果 [行政書士試験]


民法の記述問題が苦手で・・・
という受験生は必見です。

「行政書士試験短期合格術」のなかに含まれている「民法虎の巻テキスト」を知っていますか?

90日で行政書士試験に合格するための“秘密兵器”と呼ぶべきテキストです。

行政書士試験は法科大学院生の受験などもあり、かなり難化しています。そのため、市販の一般的なテキストでは対応しきれなくなっているようです。

というのも、市販の一般的なテキストは、主として択一問題対策用だからです。

しかし、行政書士試験の合否を決める最大の重要ポイントは、

「民法の記述問題をどう攻略するか」

にあるのです。

そこで、役に立つのが上記の「民法虎の巻テキスト」なんですね。民法の記述問題を短期攻略するために作られたテキストです。

大量にある民法条文から行政書士試験に出る可能性の高い部分のみ、ポイントが解説されています。

分量は、わずか130ページ。必要にして十分な内容です。

短期間で習得できるとともに、民法記述問題に対する苦手意識も無くなるでしょう。


詳細はこちらをクリック



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

行政書士試験で最も重要な「民法の攻略」 [行政書士試験]


法令科目も一般知識等科目も、
「行政書士試験短期合格術」
でOK!

特に、最重要項目の民法記述問題では、
「民法虎の巻テキスト」
が頼りになります。

詳細はこちらをクリック


行政書士試験は年々難化しており、民法記述問題には相当多くの受験生が手こずっているようですね。

行政法は択一問題が多いので、「基本書 ⇒ 過去問」のやり方で対処できるのですが、民法は記述問題の配点が高く、それだけでは対応できないのが実情です。

そこで、頼りになるのが行政書士試験に特化した

「民法虎の巻テキスト」

という記述問題攻略用テキストです。

最近の行政書士試験の民法記述問題については、司法試験の基本書を読まないと受からないとも一部では言われています。

しかし、そんなことしたら恐ろしく効率が悪いですよね。だいたい、行政書士試験と司法試験では、問われている部分が異なります。

このような噂が出る理由は、市販の行政書士試験用テキストでは、現行の民法記述問題に歯が立たないからでしょう。

でも、心配いりません。

「民法虎の巻テキスト」で勉強すれば、民法記述問題にしっかりと対処できます。記述問題対策は時間がかかるものですが、このテキストなら時間を大幅に短縮できるでしょう。


詳細はこちらをクリック



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

行政書士試験に最短で合格する術 [行政書士試験]


行政書士試験を受けるなら・・・
コレに目を通しておかないと不利

コレとは、

【行政書士試験短期合格術】

のことです。

行政書士試験には明確な傾向があります。
受験生なら、当然、知っていますよね。

行政法と民法の配点がやたらと高いんですね。
これらだけで合格点を確保できるくらいです。

そして、特に“合格を左右する”のは民法の記述問題です。

おそらく、このあたりまでは知っていると思いますが・・・

具体的に、どうやって攻略したら良いんでしょう?

【行政書士試験短期合格術】では、90日間で合格基準をクリアできる戦略や勉強法が公開されています。


詳細はこちらをクリック



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。